立ち仕事で腰痛がひどいので新しくコルセットを買い直してみたら、かなり良い物だったのでおすすめしたい記事。

僕は以前に椎間板ヘルニアになっていると診断された事があり、朝起きたら勝手にギックリ腰になっていたり、坐骨神経痛になったりして約10年以上も腰痛で悩まされていました。

今まで腰用のコルセットは何種類か買ってきました(4種類ぐらい)が、今回購入したコルセットは今までよりも1番良く、プレートなどがヘタってきても再度購入したいと思いましたし、腰痛持ちの方にオススメしたい物だったので記事にしました。

僕は身長177cm、ウエスト88〜90cm、体重70kgでお腹がたるんでいる体型をしているのですが、今までのコルセットだとベルト部分がお腹の上に乗って反ってしまう事がありましたが、今回購入した物は幅が太いので反り返りもなく、広範囲でのフィット感が良いです。

また、今まではお腹を引っ込めてベルトを巻いて、2重ベルト部分を力づくで引っ張って締め付けていましたが、この商品は2重ベルトにバックルがついており、2段階で腰にフィットさせる事ができる"2重加圧式"で、簡単に締め付け具合を調節できるのでかなりの優れモノだと思います。

もちろん、フィット感など個人差はあると思いますが、値段も安くてここまでカチッと締まるコルセットは初めてで、使っている間は腰の痛みは感じなくなりました。

FREETOO 腰サポーター メッシュ通気 二重加圧式

弊社の腰用ベルトは4本のアルミボーン+2本弾力ボーン(金属製)内置で腰椎をしっかり支えます。労働保護、日常腰サポートに適して、また、長座するサラリーマン、運搬作業、スポーツ、捻挫とぎっくり腰、長時間運転などの場合も使えます。

コルセット本体

コルセットが収納されている袋が付属していますので持ち運びに便利です。

コルセットが収納されている袋

開け閉め出来るファスナー付きです。

コルセットが収納されている袋のファスナー部分

次に本体の全体画像です。

僕はウエスト88〜90cmなので笑、Mサイズ(腰囲75cm〜95cm)を購入しました。

FREETOO 腰サポーター メッシュ通気 二重加圧式コルセット本体

そして下図のこれが二重加圧式ベルトで、腰の後ろ側と側面をカチッとフィットさせる重要な構造だと思います。これがあるか無いかでフィット感は相当変わると思います。

FREETOO 腰サポーター 二重加圧式ベルト部分

付属している取扱説明書に書いてある使い方の図です。特に特筆する点はないかと思います。

FREETOO 腰サポーター 二重加圧式 取扱説明書

第1段階でベルト部分を締める部位の素材です。かなり幅が広いです。

Mサイズでの実際の幅や長さを測ったので後述しています。

FREETOO コルセット 第1段階ベルト マジックテープ部分

第1段階で締めるマジックテープ?の部分です。かなり強力に張り付きます。

FREETOO コルセット 第1段階ベルト マジックテープ部分2

こちらは二重加圧ベルトのマジックテープ部分で、第1段階ベルトと同じ素材が使われています。

FREETOO コルセット 第2段階ベルト マジックテープ部分

画像は腰に当てる左側の部分

画像は腰に当てる右側の部分

FREETOO コルセット 弾力ボーンとアルミボーン

商品説明によると黄色い丸が弾力ボーンで、赤い丸がアルミボーンだと思われます。

このFREETOOのアルミボーンはかなり硬いです。腰がカチっと固定された感は納得いく硬さだと思います。逆に弾力ボーンはグニャグニャです。

下画像は蒸れにくい通気性のあるメッシュゴム部分です。

FREETOO コルセット 通気性メッシュゴム部分

装着

装着していきます。

下記の装着画像はあくまでも僕の締める位置なので実際にはご自身に合う位置で締めてください。

まず、第1段階ベルトを骨盤が中心になるように締めます。

FREETOO コルセット 装着図

2重加圧ベルトを引っ引っ張ると腰と骨盤がギュッと閉まります。

FREETOO コルセット 二重加圧式ベルト装着図

前で止めます。

FREETOO コルセット 二重加圧式ベルト装着図2
FREETOO コルセット 二重加圧式ベルト 装着図3

この時に注意したいのが赤丸にある様に、2重加圧ベルトの上下部分がが重ならないように上手く調節してください。

FREETOO コルセット 二重加圧式ベルト装着注意画像

腰側です。

FREETOO コルセット 二重加圧式ベルト腰側 装着画像

横から見た装着画像です。

FREETOO コルセット 二重加圧式ベルト横側 装着画像
FREETOO コルセット 二重加圧式ベルト横側 装着画像2

キツく締める場合は下記画像の様にも止める事ができるぐらい、第1段階ベルトの幅が広いです。

FREETOO コルセット 二重加圧式ベルトをキツく締めた画像

ご自身に合った適正の装着を何回か試してみてください。

縦横の長さ(Mサイズ)

次に幅や長さについてです。

本体の一番中心部分の長さです。22.4cmぐらいあります。

FREETOO コルセット 中心部分の長さ

下画像はわかりづらいですが、第1段階ベルトの縦幅です。

13.4cmほどです。

FREETOO コルセット 第1段階ベルト縦の長さ

ベルト全長の横の長さ(Mサイズ)です。102.4cm程度あります。

普段、僕はLサイズからXLサイズの物を買うのですが、FREETOOのコルセットは大きめに作られている事と、幅広いサイズに対応できる作りをしているのでサイズ間違えには注意してください。

実際に購入した時、Mサイズではちょっと大きいかなと感じて、返品交換しようとも思いましたが、何回か使ってみると、これでちょうど良いサイズなのかなと思いました。

購入する際は一つ下の小さいサイズでも問題ないか思います。

FREETOO コルセット 横全長 Mサイズ

まとめ

この記事を書いている時点でコルセット装着してから1週間が経過しました。

冒頭にも書きましたが、今まで使っていたコルセットよりも幅が広いことによる締め付け具合や、固定感がかなりしっかりしているので、これは二重加圧式というのが僕には合っているのだと思います。

ちなみに僕は4時間〜5時間立ちながらの仕事で毎日使っていますが、同時に肩のコリや首の痛みなども軽減されていると実感します。

値段もそこまで高価な物じゃないので試してみてはどうかと思います。

最後までありがとうございました。

弊社の腰用ベルトは4本のアルミボーン+2本弾力ボーン(金属製)内置で腰椎をしっかり支えます。労働保護、日常腰サポートに適して、また、長座するサラリーマン、運搬作業、スポーツ、捻挫とぎっくり腰、長時間運転などの場合も使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました