Mac Book Air M1の本体カバーと液晶保護フィルムを購入してみた。

新しくMacBook Air M1を購入したので早速、カバーと液晶フィルムを購入したのでレビューしたいと思います。

今回購入したカバーはこちら。(Amazonで購入)

『AMOVO MacBook Air 13 用 ケース 2018-2020モデル 日本語配列キーボードカバー付(A2179)』

【シンプルなデザイン】上下カバー分離しており、単体使用が可能。表面のマークは透けて見えるデザインで、MacBookの美しさをそのまま楽しめます。機体にぴったり合わせて、とりつけたり、とりはずしたりすることが簡単にできます。何度開閉してもMacBook本体の邪魔にならない、まるで何もつけてないかのようさ薄さで、カバンの中でもかさばらずに持ち運べます。★【耐久性に優れ】パソコンの表面・底面をキズや汚れから守る薄型の高透明ハードカバーです。シルキーで滑らかなラバーコーティングを施した超強靭なポリカーボネート素材を使用しているため、すり傷や指紋が目立ちにくようにし、触り心地を向上させています。

購入した液晶フィルムはこれ。

これもAmazonで購入。

『NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチ』Amazonで購入。

アンチグレア:表面にアンチグレア加工が施されており、光を反射させ、ギラツキを抑え、画面の映り込みを抑えます★ 簡単貼り付け:貼り付けが二段式になっており、ずれず、貼り直しせずに、すぐに貼り付けられます。

本体カバー

『AMOVO MacBook Air 13 用 ケース 2018-2020モデル 日本語配列キーボードカバー付(A2179)』

中に入っているのは本体カバー(画面側1枚、底面1枚)とキーボードカバーの3つになります。

箱でございます。

AMOVO MacBook Air 13 用 ケース 2018-2020モデル 日本語配列キーボードカバー付(A2179)外箱

画面側のカバーです。見えにくくてすいません。

AMOVO MacBook Airケース画面側

底面のカバー

AMOVO MacBook Airケース底面側

キーボードカバー

AMOVO MacBook Airケース付属のキーボードカバー

カバーの取り付け方

まず、底面を取り付けました。

AMOVO MacBook Airケース底面側を本体にはめ込んだ画像

パキッと角もはめていきます。

AMOVO MacBook Airケース底面側を本体にはめ込んだ側面の画像

浮いていない箇所がないか確認します。

AMOVO MacBook Airケース底面側を本体にはめ込んだ側面の画像2

液晶側カバーも取り付けました。

上下がわからなかったのですが、赤丸にあるカバーを外す時用?の出っ張りがあったのでこれをリンゴマーク正面の左上になるように付けました。

AMOVO MacBook Airケース画面側のt取り付け解説
AMOVO MacBook Airケース画面側のt取り付け解説2

表面を拡大してみました。

一見、MacBookと思えないような見た目ですが、クリアの反射感がすごいです。

AMOVO MacBook Airケースを本体に取り付けた画像

次はキーボードカバーです。

AMOVO MacBook Airケース付属のキーボードカバー現物の画像

キーボードにそのまま被せるだけでOKです。

AMOVO MacBook Airケース付属のキーボードカバーを本体に被せた画像

拡大してみました。

AMOVO MacBook Airケース付属のキーボードカバーを被せて拡大した画像

キーボードの押した感じはポコポコっとやっぱりゴム感はあります。

今回採用された改良版シザー構造を堪能したい気持ちはあるのですが、アクシデントで水濡れやその他を考えたらこれでもよいと納得せざるを得ません。

思わぬアクシデントが起きない使用状況なら、カバーは外してしまっても良いと思います。

僕は水濡れや、汚れない環境下であればカバーは付けずにタイピングします。当たり前ですがカバーはない方が打ちやすいです笑。

液晶フィルム

『NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチ』

Amazonのレビューでも貼りやすいとの事でこちらにしました。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチ外箱

中身です。

ちなみに一番上にある黒い四角いものはヘラです。これが一番重要なツールになります。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチの中身

貼り付け方

YouTubeで貼り方の動画あるので参照してください。

MacBookを画像のように画面が下になるように逆さまにしてください。

※倒れないように調節してください。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチを取り付ける時にMacBook Airの画面側を下にした画像

緑色のWETで画面を拭きます。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチに付属しているWETペーパーの画像
MacBook Airの画面をWETペーパーで拭いている画像

画面を拭いたら、仕上げ用の布で拭いていきます。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチに付属している画面を綺麗にする布の画像
NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチに付属している画面を綺麗にする布で画面を拭いている画像

画面に小さなホコリがあればDust-absorber(粘着シール)で取り除きます。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチに付属している画面の埃やゴミを取るDust-absorberの画像

こちらフィルムです。

剥離ガイド③が面になるようにしてください。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチに付属しているフィルム本体の画像

画面に合わせていきます。

この時に注意したいのが、フィルム自体にホコリやゴミが付着しているとそのまま画面についてしまうので気をつけてください。

コツとしては一旦、フィルムを持ち上げてみて画面にホコリの付着がないか何回か確認してください。

画面にホコリやゴミが付着している状態でフィルムを貼ってしまうと後が大変になります。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチに付属しているフィルムを画面の位置に合わせている画像

裏面になっていてわかりにくいですが一番右端のガイドから剥がしていきます。

決めたフィルムの位置がずれないようにもう片方の手で抑えながら剥がしてください。

右側剥離フィルムを剥がしている画像

コツとしては一気に剥がすのではなく、空気が入らないように指で抑えながら徐々に剥がしてください。

右側剥離フィルムを剥がす時に空気が入らないように説明している画像

そして次に一番大きな剥離フィルムを剥がしていきます。

左側の全体剥離フィルムを剥がす画像

こちらも右側を剥がしたのと同じように空気が入らないように手で抑えながら徐々に剥がしていきます。

左側の全体剥離フィルムを剥がす時に空気が入らないように説明している画像

全面に貼り付けたら付属しているヘラで空気が入っている箇所を擦っていきます。

コツは画面の外側に向けて、力を入れすぎずにやってください。

大体は画面の端側に空気が入っている場合が多いです。

最後の剥離フィルムを剥がす前に空気が入っていないかよく確認してください。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチに付属しているヘラで空気を抜いている画像

フィルム全体の剥離フィルムを剥がします。

全体剥離フィルムを剥がしている画像

完了です。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチを貼った画像

非常にマットな感じですが、画面を点ければ全く違和感ありません。

反射もしなくていい感じだと思います。

NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチを貼った画像2

まとめ

本体カバーの取り付けは問題なくできると思います。

問題は液晶フィルムの貼り付けですが、意外と簡単にできました。

スマホの画面と比べると大きいので、ちゃんと貼れるのか不安でしたが、剥離フィルムが分割されているので実際はスマホよりも簡単に出来たように思えます。

ただし、貼り付ける時のホコリやゴミには最大に注意してください。

一度貼ってしまうとスマホの保護ガラスフィルムのようにやり直しが効かない素材なので最新の注が必要です。

余談ですが、MacBook Air M1の購入を決める前に、マウスコンピューターと悩んでいました。

なんといっても高スペックでありながら値段が安いです。

それでも僕はApple信者なのでマウスコンピューターと同様のスペックと比較すると約2倍の支出になってしまいましたが購入して良かったと思います。

デザインや操作性はやっぱりMacが一番ですね。高価なMacBook Air M1を大事に使っていきたいと思います。

最後までありがとうございました。

『AMOVO MacBook Air 13 用 ケース 2018-2020モデル 日本語配列キーボードカバー付(A2179)』

【シンプルなデザイン】上下カバー分離しており、単体使用が可能。表面のマークは透けて見えるデザインで、MacBookの美しさをそのまま楽しめます。機体にぴったり合わせて、とりつけたり、とりはずしたりすることが簡単にできます。何度開閉してもMacBook本体の邪魔にならない、まるで何もつけてないかのようさ薄さで、カバンの中でもかさばらずに持ち運べます。★【耐久性に優れ】パソコンの表面・底面をキズや汚れから守る薄型の高透明ハードカバーです。シルキーで滑らかなラバーコーティングを施した超強靭なポリカーボネート素材を使用しているため、すり傷や指紋が目立ちにくようにし、触り心地を向上させています。

『NIMASO アンチグレア フィルム MacBook Air/Pro 13インチ』

アンチグレア:表面にアンチグレア加工が施されており、光を反射させ、ギラツキを抑え、画面の映り込みを抑えます★ 簡単貼り付け:貼り付けが二段式になっており、ずれず、貼り直しせずに、すぐに貼り付けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました